MENU

過活動膀胱による頻尿の薬と副作用

突然、我慢できないくらいトイレい行きたくなることがありませんか?
このような頻尿の症状があるなら、まず過活動膀胱を疑います。

 

 

そんな過活動膀胱が原因いよる夜間頻尿などの治療には、病院では抗コリン薬という薬が主に使われます。
そして、本人の意志に関係なく膀胱の筋肉が収縮してしまうのは、アセチルコリンとい神経伝達物質の働きによるものです。

 

 

そこで、過活動膀胱による男性の夜間頻尿などの治療には、このアセチルコリンの働きを抑える為に、病院では抗コリン薬が使われることが多いのです。
この薬はどのようなタイプの過活動膀胱においても効果があると言われていますが、どんな薬にも副作用があり、便秘や口の中の乾きなどの副作用が主にみられます。

 

 

また、その効果は人それぞれで個人差があり、尿器科で検査をしてもらい、前立腺肥大ではないということで、過活動膀胱の薬を処方されても効果ない方もいらっしゃいます。。
いずれにしても、頻尿の薬の効果や副作用などについては、医師と相談しながら使用する必要があるでしょう。

 

 

なお、この関口由紀先生の男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法の夜間頻尿対策や治療は、薬では解決できない、骨盤底筋をを鍛えるトレーニングをすることで尿トラブルを引き起こしている筋力のゆるみを改善し、更に生活習慣を見直すをことで、自宅でお金もかけずに誰にも知られることなく、ご自身の力で頻尿の悩みを解消出来ます。
 

排尿トラブルを改善する筋肉を強化して、勃起力も強化するトレーニング法

 

男性の夜間頻尿・トイレが近い、尿失禁を自宅で改善する方法の詳細を見てみる