MENU

過活動膀胱の原因

過活動膀胱にどうしてなっうてしまうのでしょうか?
膀胱がいっぱいに溜まったわけでもないのに、勝手に膀胱が収縮して尿を押し出そうとしてしまう過活動膀胱の原因は主に以下の5つの原因があります。

 

脳からの信号トラブル
膀胱に尿がたまってくると、「尿が溜まりました」「出してもいいですよ」「まだ出してはいけません」という信号のやりとりが、脳と膀胱の間で、神経を介して交わされ、その結果、尿が行われます。

 

 

ですが、脳卒中や脊髄損傷の後遺症や、パーキンソン病、認知症等で脳と膀胱を結ぶ神経回路に障害が起きると、晋呉のトラブルが起き、膀胱が過敏な働きをするようになることがあります。

 

 

骨盤底筋のゆるみ
骨盤の底には、骨盤底筋群と呼ばれる多くの筋肉があり、これによって骨盤内の臓器が支えられています。
女性の場合、膀胱や尿道に加え、子宮も骨盤底筋に支えられていますが、加齢や出産などで筋肉が緩んでくるのです。
また、ホルモンや肥満によっても筋肉が低下して、膀胱や尿道がしっかり支えられなくなり、尿が漏れるということが起こます。

 

 

前立腺肥大症
前立腺という男性の生殖活動する為の臓器は、尿道をドーナッ状に囲むようにあり、この前立腺が大きくなって内側の尿道を圧迫したり、過剰に収縮したりすることで、尿道が圧迫されて、排尿障害が起きます。
中高年以降の男性に多く見られ、前立腺肥大症が原因で過活動膀胱が起こることがあります。

 

 

加齢
年をとると神経の伝達が悪くなってきます。これにより、おしっこが少しでも溜まると、排泄するように働き、コントロールが出来なくなってきます。
更に、脳の排尿を調節しているところが加齢によって機能が低下して、過活動膀胱がを起こします。

 

 

いくつかの原因が重なっているケース
脳と膀胱の伝達トラブル、骨盤底筋のゆるみ、前立腺肥大症など、様々な原因が重なって起こる場合もあります。

 

 

なお、男性の頻尿などのおしっこの悩みは前立腺肥大症が多いですが、過活動膀胱のこともあります。
病院で尿検査をしても異常がなければ過活動膀胱の可能性があるので、そうした場合は自宅で改善することが出来ます。

 

 

男性の夜間頻尿・トイレが近い、尿失禁を自宅で改善する方法の詳細を見てみる