MENU

過活動膀胱の症状

過活膀胱の症状をご存じですか?
これまで全く気にならずに外出したり、友人とお喋りをしていたのに、何の前ぶれもなく急におしっこがしたくなり、トイレまで我慢するのがやっとという状態になってしまう尿意切迫感。

 

 

仕事の会議で、トイレが気になって集中出来ない、実際に行かないともたない。外出すると、何処へ出かけてもトイレを探すなど、1日に何度も行かないではいられないということはありませんか?

 

 

人がトイレに行くのは平均で日中なら5回から7回と言われています。
就寝前に行ったなら、寝ている間には行かないのが普通ですが、しかしながら、日中に8回以上トイレに頻繁に行くなら昼間頻尿。夜も1回以上トイレに行く為に起きるようなら夜間頻尿という症状です。

 

 

また、長時間おしっこを我慢していたら、我慢しきれずにトイレに間に合わず漏らしてしまうこともあります。
トイレまで間に合わずに漏らしてしまうようなことがあるのは切迫性尿疾患という症状です。

 

 

このような尿意切迫感や頻尿、切迫性尿疾患が過活膀胱の3大症状と言われています。
また、尿意切迫感だけでも過活動膀胱と診断されます。

 

 

おしっこの悩みは、人にはなかなか言えませんが、しかし、何もしなければ状況は変わりません。
ですが、楽になる方法があるのです。

 

 

男性の夜間頻尿・トイレが近い、尿失禁を自宅で改善する方法の詳細を見てみる