MENU

過活動膀胱とは?

ここ最近、過活膀胱で悩んでいる人が増えてきていますね。
この病名を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、2007年の国際禁制学会で認められた新しい病名です。
禁制という言葉はあまりなじみがありませんが、尿失禁の反対語で排尿が正常に行われている状態を言います。

 

 

この排尿機能等などに関する学術研究を専門に行う国際的な学会が国際禁制学会です。
そして、通常なら、成人で400から500mlの尿を溜めることが出来ますが、それなのに100ml前後しか溜まっていないのに、勝手に膀胱が収縮してしまい、急にトイレが我慢できなくらいおしっこに行きたくなり、自分の意志に反しておしっこを漏らしてしまいます。

 

 

その上、膀胱に溜まったおしっこがトイレでの排尿で出きらずに膀胱に残ってしまい、そこにまたおしっこが溜まるので、すぐにまたトイレに行きたくなります。

 

 

また、尿を溜める膀胱そのものの大きさが小さくなって、おしっこがすぐに溜まってしまいトイレが我慢できないというケースもあります。
こうした膀胱の過敏な働きを過活動膀胱と言います。

 

 

男女を問わず、年齢を問わず悩んでいる人はたくさんいますが、うれしいことに治療方法もあるのです。
もう一人で悩んでいる必要なんかないのです。

 

 

男性の夜間頻尿・トイレが近い、尿失禁を自宅で改善する方法の詳細を見てみる