MENU

過活動膀胱の基礎知識

ひそかに悩んでいる人が多いおしっこの悩み。実はトイレが近い、突然、我慢できないほどおしっこがしたくなるという症状は過活膀胱という病気なのです。
ここではそんな過活動膀胱を治す上で知っておきたい基礎知識をお伝えしています。今のお悩みの解消の参考になれば幸いです。

過活動膀胱の基礎知識記事一覧

ここ最近、過活膀胱で悩んでいる人が増えてきていますね。この病名を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、2007年の国際禁制学会で認められた新しい病名です。禁制という言葉はあまりなじみがありませんが、尿失禁の反対語で排尿が正常に行われている状態を言います。この排尿機能等などに関する学術研究を専門に行う国際的な学会が国際禁制学会です。そして、通常なら、成人で400から500mlの尿を溜めることが...

過活膀胱の症状をご存じですか?これまで全く気にならずに外出したり、友人とお喋りをしていたのに、何の前ぶれもなく急におしっこがしたくなり、トイレまで我慢するのがやっとという状態になってしまう尿意切迫感。仕事の会議で、トイレが気になって集中出来ない、実際に行かないともたない。外出すると、何処へ出かけてもトイレを探すなど、1日に何度も行かないではいられないということはありませんか?人がトイレに行くのは平...

過活動膀胱にどうしてなっうてしまうのでしょうか?膀胱がいっぱいに溜まったわけでもないのに、勝手に膀胱が収縮して尿を押し出そうとしてしまう過活動膀胱の原因は主に以下の5つの原因があります。脳からの信号トラブル膀胱に尿がたまってくると、「尿が溜まりました」「出してもいいですよ」「まだ出してはいけません」という信号のやりとりが、脳と膀胱の間で、神経を介して交わされ、その結果、尿が行われます。ですが、脳卒...

突然、我慢できないくらいトイレい行きたくなることがありませんか?このような頻尿の症状があるなら、まず過活動膀胱を疑います。そんな過活動膀胱が原因いよる夜間頻尿などの治療には、病院では抗コリン薬という薬が主に使われます。そして、本人の意志に関係なく膀胱の筋肉が収縮してしまうのは、アセチルコリンとい神経伝達物質の働きによるものです。そこで、過活動膀胱による男性の夜間頻尿などの治療には、このアセチルコリ...