MENU

男性のトイレの回数が多くて熟睡できない夜間頻尿を泌尿器科医が解決

誰にも知られることなく自宅で頻尿、尿漏れ、尿失禁を改善しませんか?
女性医療クリニックLUNAの泌尿器科医 関口由紀先生の男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法は、1日15分の簡単な運動と生活習慣を見直すことで、早い方なら2〜3週間で効果を実感できる自宅で誰にも知られずに解決することができる、とても簡単な治療や対策です。

 

夜間頻尿など、おしっこのことで困っていませんか?

・夜中に何回もオシッコに行ってしまい、思うように眠れない…
・朝も昼も頭がボーっとしてしまう…
・睡眠不足で昼間に眠くなり仕事が手につかない…
・トイレに行けない電車の中や、車での移動時間が不安…
・仕事中何度もトイレに行くのは、周りの目が気になって仕方ない…
・我慢できずに漏れ、下着についたシミや匂いが周りにバレていないか心配…

 

 

など、このような夜中のオシッコで、耐えきれなくてトイレへ何度もいってしまう…、そんな睡眠不足の毎日が続くのは、とても辛いものですね。

 

ですが、そのような男性の頻尿や尿漏れ、尿失禁などで夜もトイレが近くて熟睡出来ないとい悩みも、1日15分の簡単な運動と生活習慣の改善で、人に気を使いながらトイレに行く、そんな毎日から解放されるのです。

 

膀胱、前立腺、病気?お医者さんに行きたくても時間がない、おしっこのことで病院に行くのは恥ずかしい、そんなあなたに、テレビや雑誌等にも取り上げられている口コミでも評判の泌尿器科医が、男性のトイレが近い(頻尿)・尿漏れ・尿失禁を解決するあなたにぴったりの夜間頻尿対策と治療法を教えます。

 

 

男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法の詳細を見てみる

安眠したい!なぜ起こる夜間頻尿の原因とは?

一晩ぐっすり眠り、目覚める爽快感はとても気持ちが良いものですね。

通常は、健康な人でも4〜7回程度は日中にトイレに行きますが、睡眠中は全く行かないか、行っても1回くらいです。
これは、脳の下垂体後葉から出る抗利尿ホルモンが大きな役割を果たしており、寝ている間に作られる尿量が、日中に比べて少なくなる仕組みがあるからです。

 

 

ところが寝ている間にトイレにいきたくなり目が覚めてしまう夜間頻尿は、男女ともに歳をとるほど増えてきます。また、最近は30代や40代の若くても夜間頻尿に悩まされる男性も増えてきています。

 

 

夜間頻尿の診断の基準は、1日の尿の内35%以上が夜間に出る、もしくは体重1キロあたり100ミリリットル(体重60キロなら600ミリリットル)よりも多く尿が出る状態などが目安になります。

 

 

そして、夜間頻尿の原因も様々ですが、もっともシンプルな原因として、睡眠時に作られる尿の量が増えていることが考えられます。
これは、年をとると内臓の機能が衰え、全身の活動量が多い日中は、必要な量の尿を作るところまで手が回らずに、やむを得ず活動量の少ない夜間に尿が作られることになります。
また、年をとると抗利尿ホルモンが十分に分泌されないこともあるでしょう。

 

 

その他にも、降圧剤などの薬の影響や、単純にお茶などの水分の摂り過ぎなどもあります。
また、1回で出る尿の量が少ないと、当然、トイレのか回数も増えますよね。
その原因としては、前立腺肥大症や糖尿病による神経障害を起こし、尿が出しきれないこともありますし、女性もそうですが、男性も膀胱の機能異常である過活膀胱による夜間頻尿が最近特に増えてきています。

 

 

これは膀胱の筋肉の活動が異常に活発になり、尿を溜めている最中に突然トイレにいきたくなり我慢出来なくなったり、しょつちゅうトイレに行きたくなり、酷くなると尿漏れを起こしてしまといった症状が見られます。
男性の場合なら前立腺肥大症も初期症状には、頻尿と残尿感があり、中高年の男性では、前立腺肥大症が過活膀胱の原因となっている場合があります。

 

 

いずれにしても、病院で尿検査を受けても異常が見当たらない、こうした過活膀胱による症状で夜間頻尿に悩まされている患者さんは決して少なくありません。
最近の調査では40歳以上の日本人の約12%が過活膀胱の症状を経験しており、人工の割合で計算すると810万人もの患者さんがいると推測されています。

過活膀胱は自宅で治療・改善出来ます!

前立腺のあたりが狭くなると、猛烈な尿意や頻尿が起こる為、前立腺肥大症なら放置すると、さらに尿が出にくいといった症状につながるので、病院に行って治療しなければなりませんが、過活動膀胱は違います。

 

 

もし、あなたが病院にいって尿検査を受けても異常がなく、昼夜問わずトイレが近い、突然、我慢できない尿意がある、我慢できずにもれてしまう尿失禁がるなら過活膀胱の可能性が大きいです。
そして、この夜間頻尿の原因となる活動膀胱は、骨盤底筋トレーニングが有効で、女性泌尿器科医の関口由紀先生の1日15分の簡単な運動と日常生活に簡単に取り入れられる生活習慣などの治療や対策をすることで、自宅で根本から短期間で改善することが出来ます。

夜間頻尿が改善し、夜も熟睡できるようになります。
夜中に何度もトイレに起きることがなくなり、仕事がはかどるようになります。
トイレの心配がなくなり、バスや電車、車など乗る不安がなくなります。
行動範囲が広がり、釣り、ゴルフ、山登りなどやりたいことや好きなことが出来るようになります。
尿失禁で、下着につくシミや匂いで、周りの目を気にしないで良くなります。
精神的ストレスが軽減します。
医者に行く手間暇や時間が掛からず、治療費代が浮く。

 

など、外出の時にトイレの場所ばかり気になったり、夜中にトイレに何度も起きて熟睡することが出来ないといった、毎日の暮らしの中で、煩わしいトイレに何度も通わなくてはならないといった悩みや不安がなくなり、快適な生活を取り戻すことが出来るようになるのです。

 

 

ところがおしっこのトラブルなんて恥ずかしいという気持ちや、年をとればトイレが近くなるのは仕方ないという諦めの為に多くの男性が、不便なまま生活をしていることも少なくありません。

 

 

ですが、頻尿は病気の一つなので、抱えている症状の原因を知り、きちんとした治療や対策をすることで、以前のような快適な生活を取り戻すことが出来るのです。

 

 

そんな自宅で誰にも知られずに、トイレにすぐに行きたくなる尿意切迫感や我慢できずに漏れてしまう尿失禁、夜中に何度もトイレの為に起きてしまう夜間頻尿を治して、熟睡できるようになりたい方は、下記公式ページから一度その治療法や対策を知るだけでも、今後の参考になるのでチエックしてみると良いでしょう。

 

 

商品には、返金保証やメールサポート、特典などの有無によって「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」ンの3種類のプランがあり、今の症状によりご自由にお選び頂けます。

プラチナ・ゴールドプラン:テキスト80ページ、DVD37分(配送版)、シルバープラン:PDFファイル、トレーニング動画サイト見放題

 

品名の欄には、「書籍」と記載し、中身が分からないように、郵便のレターパックで配送します。ご自宅に届いてほしくないという方は、お近くの郵便局集荷場の局止めも可能です。

 

送料無料です!

 

更新履歴